ーオタゴストロークプレー、NZオープン一次予選、そしてちょっと観光ー(2017年1月31日)

DSC_0299
 
 
クライストチャーチから南に360km、車で約4時間半、ダニーデンという南島で二番目に大きな街があります。
クライストチャーチがあるのはカンタベリー地方、ダニーデンがあるのはオタゴ地方と呼ばれています。
 
先々週はカンタベリーストロークプレーが土日で72ホール、先週末にはオタゴストロークプレーが72ホール。
長男と次男が遠征で出場しました。
 
行きは二人でバスの旅、到着した日は二人でモーテルに泊まり。英語出来るからどうにかなるだろうと、案外心配せずに送り出しました。練習日の二泊目からは今回もBillet(ビレット)二人まとめて受け入れてくれるホームステイをアレンジしてもらいました。
 
今回はカンタベリーから有力選手が遠征(先々週のオタゴから遠征のお返しの感じ)
1月28日(土)29日(日)に行われた72ホールの結果は以下です。
 
お陰様で優勝する事が出来ました。
 
地元のプロが一人特別参加してたようです。
2003年にニュージーランドオープンで優勝したことがある、日本でも昔ツアー出場したことのあるMahal Pearce
そのプロとトータルスコアーで並んだのですが、プロなのでプレーオフなしで長男の優勝だったとの事。
 
オタゴゴルフ協会の記事
 
翌日、1月30日(月)は同じゴルフ場で行われたニュージーランドオープン出場を掛けた一次予選。
似た面々だったので、大丈夫かな、でも18ホールの一発勝負なのでわからないなあ、と思ってたら1打足りず✖
このへんがもう一歩足りない、、、まあ、しょうがないでしょう。
次男は3打足らず余裕で✖
 
帰りは私が車でお迎え。往復720キロ 帰りにダニーデンにある世界で一番急な坂、ダニーデンから100kmクライストチャーチよりのオアマルにあるモエラキボルダー(海岸に誰かが置いたんじゃないかと思うような丸い石がある)にちょっとだけ寄って家に着いたのは夜10時でした。
 
お疲れ様でした。

カテゴリー: ゴルフ留学 | コメントをどうぞ

ーフライトスコープー(2017年1月26日)

ーフライトスコープー(2017年1月26日)
 
今日はニュージーランドゴルフ留学、一般の部の生徒さんが新しいクラブを購入したいという希望でクラブの試打をしました。英語ではClub Fitting(クラブフィッティング)と言います。
 
今まで使っていたのが7,8年前のクラブ。しかも、かなりアンダースペック(実力より簡単すぎるクラブ)の為、球が吹け上がりすぎて飛距離をロスしていた模様。
 
フライトスコープと言う、飛距離や回転数、インパクト時のフェース角度などなど、すぐに数値化してれる優れものの機械を使ってフィッティングをしてみました。
 
驚くことにドライバーでは今まで使っていたクラブより20ヤードも平均飛距離が伸びるクラブもあり、何だか購入意欲をかき立ててくれる機械です。(別に売れるように特別盛って表示している訳ではないのですが、、
 
他にも、ウッド系を試打。5番ウッド、7番ウッド。どれも今のクラブと比べると打ちやすく、飛距離も格段に伸びてる様。
数値で示されると納得しますね。
 
レッスンでもこの機械を使います。その際は、飛距離は重要視せず、主にフェースアングル(インパクト時のフェース角度)、アタックアングル(インパクトにかけてのクラブの入射角)等を重点にチェックしてスイングチェックの参考にします。
難しい単語等出てきますが、通訳が付くので問題ありません。
 
そんな、ニュージーランドゴルフ留学、一般の部、開催中です。
 
 
DSC_0293

カテゴリー: ゴルフ留学 | コメントをどうぞ

ーゴルフ留学一般の部レッスン日ー(2017年1月25日)

ーゴルフ留学一般の部、レッスン日ー(2017年1月25日)
 
ニュージーランドゴルフ留学、一般の部。と言っても年齢制限があるわけではありません。
 
今日は、プロからのレッスン日。午前中、ショートゲーム(寄せ)を中心にレッスンをしました。
 
日本ではなかなかショートゲームの練習をする機会は少ないと思います。
 
練習場に行くと、どうしてもフルショットの練習が中心になる。中にはほとんどドライバーをかっ飛ばしているだけという人も多いかもしれません。
 
でも、18ホールのラウンドを振り返ってみると、ドライバーは、4つのショートホール以外で多くても14回しか打たないんですよね。
二打目でグリーンを狙えるところに行ったとしてもいつもナイスオンとは限りません。ドライバーが曲がったりしたらグリーンを狙えない、その後もう一回グリーンに乗せるショットが、、、なんてことが多々あるはずです。そんな時はフルショットじゃなくて、中途半端な距離(俗に言うハーフショット)が多くなります。
 
トータルすると、ゴルフは思いっきり打てるショットより、パターを含めて手加減して打つショットの方がよっぽど多いというのが分かると思います。
 
という事で、寄せはゴルフの中でかなり重要な部分です。
 
実際、プロがトーナメント出場して、ラウンド前の練習では、100ヤード以内のショットが練習の60%~70%を占めています。
 
皆さんも練習場では、出来るだけターゲットを決めてハーフショットの練習を多くしましょう。そうすると、劇的にスコアーが良くなるとは簡単には言えませんが、安定したスコアーが出せるようになるはずです。
 
 
 
DSC_0291
 
 

カテゴリー: ゴルフ留学 | コメントをどうぞ

ーCanterbury Strokeplay 最終日ー(2017年1月23日)

 ーCanterbury Strokeplay 最終日ー(2017年1月23日)

 
ニュージーランドのアマチュアトーナメントは一日2ラウンドするのはごく普通の事です。サマータイムの今の時期は日没が9時頃なので時間的には全然問題ありません。体力的には相当ハードですが。
今回のトーナメントはそれを二日続けて、トータル72ホール(4ラウンド)
昨日は雨、風のコンディションでみんな大変でしたが、どうにか中断もなく無事終了しました。
 
 
長男74、70、75、78  9位タイ(トータル 5オーバー、パー73)
次男75、79、75、74 22位タイ(トータル11オーバー、パー73)
 
 
長男は残念ながら順位を落として終了。パターが入らない。それに尽きる様です。
 
次男は頑張って順位を上げることが出来ました。
 
今週の土、日は、南のダニーデンで行われるオタゴストロークプレーに出場予定。これも2日間で4ラウンド。ついでに試合が終わった次の日は同じゴルフ場でニュージーランドオープンの一次予選に出場予定。
 
体力持つかな?!
 
 
DSC_0290

カテゴリー: ゴルフ留学 | コメントをどうぞ

ーCanterbury Strokeplayー(2017年1月21日)

ーCanterbury Strokeplayー(2017年1月21日)
 
今日、明日の二日間カンタベリーストロークプレーがTempleton Golf Club http://www.templetongc.co.nz/ で開催されています。
今年からオタゴ地方(カンタベリー地方の南)からも有力選手が出場することになり、レベルの高い大会になっているようです。
この大会に長男、次男が出場しています。
 
 
長男74、70  4位タイ(トータル2アンダー、パー73)
次男75、79 29位タイ(トータル8オーバー、パー73)
 
長男は首位と5打差なのでまだ何とかなるスコアー。明日の爆発を期待しています。次男はトップ10目指して頑張ってくれ。
 
明日も早起き!!
 
DSC_0289

カテゴリー: ゴルフ留学 | コメントをどうぞ

ー夏のゴルフ留学、一般の部ー(2017年1月20日)

ー夏のゴルフ留学、一般の部ー(2017年1月20日)
 
夏真っ盛りのニュージーランド、と言っても日本から想像される夏とはちょっと違います。全く蒸し暑くありません。
ちょっと涼しい(朝晩は肌寒いくらい)夏です。
 
ニュージーランドゴルフ留学は、老若男女どなたでも御参加頂けるゴルフ留学です。ジュニアにはジュニアなりのスケジュール。ちょっとお歳を召した方々にはそれなりのスケジュールで、、、(案外、年配の方の方が若者より元気ですが)
 
芝生の上からの練習はもちろん、ラウンドも一日1,5ラウンドは余裕で、、、元気があれば2ラウンドも。
レッスンはビデオを使ったスイングチェックから、もう少し細かいボールの飛び方、スイング軌道、インパクト時のフェースの向きが云々、、、ちょっと細かいですがそんな事までわかるフライトスコープという機械を使ってのレッスンまで、英語が分からなくても通訳が付くので安心。
 
そんなニュージーランドゴルフ留学 一般の部も開催中です。
 
 DSC_0287
 
 

カテゴリー: ゴルフ留学 | コメントをどうぞ

ー遠征最終日ー(2017年1月13日)

ー遠征最終日ー(2017年1月13日)
 
北島にあるハミルトンという街で開催された北島19歳以下の3日間トーナメントは今日が最終日でした。スタートの数ホールは小雨交じりのラウンドだったのが、徐々に回復しあっという間に晴天になり風もなく最高のコンディションでのラウンドとなりました。
首位と6打差からのスターとなった長男は追い上げならず4打差の10位タイで終了。トップの面々はほぼ知った顔ばかりで、それらの面々の前で最終ホールをダボにしたもんだからくやしさは相当なものだったようです。このくやしさをバネにまた練習に励みましょう。次回はすぐ明後日の36ホールオープントーナメント。体力ないと続かないなあ。
 
三男は余裕の予選落ちの為、今日は見学。その後オークランドの街をドライブ、そして夜便で帰宅。家に帰ったらあっという間に寝てました。
 
写真:結局5人がトップに並びプレーオフ1ホール目で一人がバーディーで決着。
 
 
 
imagejpeg_2 (2)
 
結果はこちら
 
 
 

カテゴリー: ゴルフ留学 | コメントをどうぞ

ー遠征トーナメント二日目ー(2017年1月12日)

ー遠征トーナメント二日目ー(2017年1月12日)
 
北島遠征二日目。長男73 予選11位タイで明日最終日にトップと6打差をどうにかなるか?いつものゴルフ以上が必要でしょうがどうにか頑張って驚きの結果が出れば面白いのですが、、、、そんなに簡単には行かないかな。
 
三男は昨日より少しでも良いスコアーを期待したのですが、残念ながら96で余裕の予選落ち。同年代のライバル沢山いるので頑張りましょう。
I have a brighter future(将来性は抜群)と自分で言ってるのでそれを期待しています。ホントかいな?!
 
 
 
imagejpeg_2 (1)

カテゴリー: ゴルフ留学 | コメントをどうぞ

ー北島遠征中ー(2017年1月12日)

ー北島遠征中ー(2017年1月12日)
 
ニュージーランドは北島と南島からなっています。クライストチャーチのあるのは南島。
只今、北島のハミルトンという街に来ています。昨日から始まった3日間トーナメント North Island Under 19 Championship(北島19歳以下のトーナメント)に長男、三男を連れて遠征中です。
 
昨日が初日、今日で予選が終わり明日が最終日です。
 
長男は初日3オーバー 75。 総合22位タイ 午後スタートで風が強かったけど、風、雨に強いはずなんだけど、、、、
今日は午前スタートなので巻き返しを期待しています。
 
三男は初日93。 13歳以下の部は全部で17人。初めて長男が出場した19歳以下の全国大会では13歳以下は2人しかいなかったのに、この5年だけでもゴルフの低年齢化がより進んでいますね。
予選カットは158くらい(79,79ペース)なので今日は65を目指して頑張るようです。最終日は何しようかな?
 
次男は今回はお留守番。毎年開催されているこのゴルフ場があまりお好きではないようです
 
 
写真はグリーンより大きなバンカー。高さも3メートルはある?!
 
 
 
imagejpeg_2

カテゴリー: ゴルフ留学 | コメントをどうぞ

ー三者二様ー(2017年1月9日)

ー三者二様ー(2017年1月9日)
 
最高気温20度ちょっとで過ごしやすいクライストチャーチです。最近は夜に雨が降り、日中は晴れますので芝生にも優しくゴルフには最適な天候です。
 
年末から年始にかけて中学生のジュニアゴルファー3人がニュージーランドゴルフ留学に参加してくれていました。
1週間という短い期間でしたが、日本ではなかなか出来ない芝生の上からのショット練習、午後からでも1,5ラウンド(午前中は英会話の授業)などなど。今まで経験したことがない事盛りだくさんの1週間でした。日本の冬から到着した時は真っ白だった皆の顔も真っ黒に日焼けして元気よく帰国の報告をそれぞれの親御さんから頂きました。
送り出す前は心配だったでしょうが、元気な顔を見て安心された事でしょう。
次回は日本の春休みかな?!
 
dsc_0237
 
今、ニュージーランドは夏休み期間中。クリスマス前から始まった夏休みは1月末まで続きます。
我が家の三兄弟は、クリスマスと正月1日以外は毎日ゴルフ場にいます。家からゴルフ場まで歩いても行ける距離なので楽ですね。実際歩いては行きませんが、、、
 
ニュージーランドは今が一番のゴルフシーズン。各地で色々なトーナメントが開催されています。
 
長男は、先日お隣の国オーストラリアまで単身遠征して来ました。オーストラリアはニュージーランドと同じくイギリスからの入植で始まった国ですので、文化、生活形態などなどほとんど同じで、ニュージーランドから旅行で行っても異国の感覚はありません。飛行機で飛ぶと一番近いシドニーでも3時間以上、一番遠いパースになると8時間近くかかるので、距離的には日本から中国よりもっと離れてはいるんですけど。
 
メルボルンで開催されたVictorian Junior Masters という4日間トーナメント。結果は首位と3打差の3位タイでした。
2日終わってトップタイだったので期待したのですが、残念ながら優勝ならず。
 
 
 
次の試合は、帰国してすぐまた北島に飛んでのNorth Island Under 19(北島 19歳以下のトーナメント)です。
 
次男、三男は昨日地元のゴルフ場の36ホールオープントーナメントに出場。
田舎のゴルフ場なので、ゴルファーもバラエティーに富んでいます。オヤジゴルファーも沢山。それでも優勝はトータル6アンダーなのでレベルの高いゴルファーも参加して、なかなか面白いトーナメントでした。
次男:78、74
三男:87、85
 
次男の次の試合は1月15日の36ホールトーナメント。三男は長男と一緒に北島遠征。
 
忙しい夏休みが続きます。
 
    メルボルンでのトーナメントの写真。ステイ先の方がメールで送ってくれました。

%e5%86%99%e7%9c%9fmel

 

 

 昨日の大会にて。次男と三男は同じ組。 

 もう一人の大人の方は奥様が日本人だそうで。

 子供達に優しく接してくれました。

%e5%86%99%e7%9c%9fweedons

カテゴリー: ゴルフ留学 | コメントをどうぞ